非対面前提の「マーケティングDX」には何が必要?

コロナ禍におけるテレワーク対応が一段落し、企業のIT投資はデジタル変革(DX)推進に新たな舵を切っている。マーケティング領域では、非対面を前提とした顧客体験(CX)の構築が重要な課題となるが、マーケティングDX実現に向け、企業はいかにして顧客エンゲージメントを深めていけばよいのだろうか。

顧客体験を“再構築”する方法

「顧客の困りごと」の発生タイミングを捉えることも、顧客エンゲージメントの深化には重要なポイント。これを支えるのが、顧客の行動データを分析し適切なアクションを行うための、IoTデバイスやセンサーカメラ、VR(仮想現実) / AR(拡張現実)、AIチャットボットなどのテクノロジーを活用した顧客接点の整備だ。

一覧に戻る

ページ先頭へ