デジタルバンキングとは何か? 顧客が銀行へ求める「次世代金融サービス」の現在地

これまで銀行の新業態として、通信キャリアやECサイト事業者、コンビニなどが「ネットバンク」や「コンビニATM」として新しい銀行サービスを手掛けてきた。海外の状況は一歩先を進んでおり、デジタルウォレットやSNS、一般企業のWebサイトとの融合なども始り、この新しい銀行の業態は「デジタルバンク」と呼ばれている。

デジタルバンキングの定義や現状、注目される理由、市場規模予測、今後の展望などを解説

一覧に戻る

ページ先頭へ