落とし物、免許更新…AIが対応します 福岡県警が導入

福岡県警が6月から、住民の問い合わせに24時間対応する「AI(人工知能)チャットボット」を導入した。落とし物や運転免許更新といった相談の待ち時間短縮や、新型コロナウイルス対策として対面以外での対応を充実させることが狙いだ。

落とし物、免許更新…AIが対応します 

行政などで導入されているAIを伴うチャットボット。
今回の場合、想定問答を500件事前に登録されているそうです、年間通して1,500件まで増やしたいと担当者の方がお話をされていることが記事に書かれていました。

福岡県警にはどんなチャットボットが導入されたの?

チャットボットを利用してもらうためには、まずは「サイトにアクセスしてもらうこと」が重要になります。
今回の場合ですと、こちらのページ(https://www.police.pref.fukuoka.jp/)に行くと「ふっけい君」が右下に現れてくれます。

迷子にならないように、
1、落とし物を拾った場合について
2、運転免許の更新ができる場所について
3、運転免許証の記載事項変更・住所変更等手続きができる場所について
4、最寄りの警察署や管轄の警察署について

など、はじめに4つの項目から選択式になっています。
この4項目が事前調査によって明らかになっていた「よくある質問」だったのでしょう。

1署あたり1日平均で、運転免許に関するものが約12件、落とし物に関しては約46件。担当者が対応中で、長い待ち時間が発生することもあったということなので、これらのチャットボットが解決に導いてくれると待ち時間は短縮できそうです。

認知度アップが成功の秘訣

弊社にも寄せられる質問のひとつ「以前、他社サービスでチャットボットを導入しましたが、うまく運用できませんでした!」というお声をいただきます。

ここで大切なのは「チャットボットを利用する人は誰なのか?」という問いです。

お客様の立場にたった時、
「年齢は?」
「パソコンでお問い合わせをするのか、それともスマホなのか?」
「緊急事項なのか、そうではないのか?」

そしてもうひとつは「チャットボットの存在を知る機会を作ることができるのか?」というポイントです。
今回の場合ですと、ホームページに訪れた方だけではなく、チラシの配布やNEWSでの取り上げられ方、もしかすると夕方の報道番組での紹介など、さまざまなタイミングにて認知度を高める必要があるかもしれません。

いつも使うサービスではないからこそ、本当に困った時に、一番ベストなタイミングで情報を届け、お客様のお役に立つことができるチャットボットサービスであることを願いします。

ぜひ、運用する際には
・導入するまでに考える「お客様の想定」
・導入後に必要となる「認知度アップ」
この両軸を大切にされてくださいね!


一覧に戻る

ページ先頭へ