「DXの第一歩はペーパーレス」10年前に紙をなくしたソフトバンクは、今どうなっているのか

日本の企業の中でもかなり早く、約10年前から本格的にペーパーレス化を進めていた企業がソフトバンクだ。その動きは今も続いており、ペーパーレス化はDXとなって、2000人の業務自動化、95億円の業務委託費削減、人事部門のAI活用などの成果を上げているという。ソフトバンクはどのようにペーパーレス化を行ってきたのか。

脱はんこ・ペーパーレスの実践 ~バックオフィスのデジタル変革~

一覧に戻る

ページ先頭へ